このページにはプロモーションが含まれています。

広告 TV

「チューナーレステレビとは?」次世代型テレビを詳しく紹介

チューナーレステレビとは、テレビ受信機能を備えていないインターネット動画配信サービスを視聴するための専用テレビのこと。地上波、BSなどテレビ放送を受信するためのテレビチューナーを搭載していないため、本体価格はとても安く抑えられています。NHKなどの一般のテレビ放送は見られませんが、テレビアンテナ線への接続が不要なため Wi-Fi 環境と電源コンセントがあれば利用できます。

この記事では、チューナーレステレビの基本情報を中心にメリットやデメリットも詳しく紹介します。

チューナーレステレビの基本情報

チューナーレステレビで抑えておきたい3つのポイント

  • 2021年にドン・キホーテで発売が始まった
  • 50インチで4K対応でも5万円以下で入手できる
  • 単体でインターネットに接続できるテレビである

チューナーレステレビとは?を話題のAIに聞いてみた

Q:チューナーレステレビとは?

A:チューナーレステレビとは、テレビ放送を受信するためのチューナーが内蔵されていないテレビです。そのため、地上波放送やBS放送、CS放送などのテレビ放送を視聴することはできません。しかし、インターネットに接続すれば、インターネットテレビや動画配信サービスなどのコンテンツを視聴することができます。

チューナーレステレビは、チューナー内蔵テレビに比べて価格が安いことが多いため、コストを抑えてテレビを導入したい場合におすすめです。また、インターネットに接続することで、様々なコンテンツを視聴することができるため、テレビ放送に縛られることなく、自由にコンテンツを楽しむことができます。

チューナーレステレビのメリットとデメリットは以下の通りです。

チューナーレステレビのメリットには、以下が挙げられます。

・価格が安い
・インターネットに接続することで、様々なコンテンツを視聴することができる
・テレビ放送に縛られることなく、自由にコンテンツを楽しむことができる

チューナーレステレビのデメリットには、以下が挙げられます。

・テレビ放送を受信することができない
・インターネットに接続する必要がある

チューナーレステレビは、インターネットに接続できる環境があり、テレビ放送を視聴する必要がない場合におすすめです。

引用元:Google Bard

チューナーレステレビの歴史と価格

チューナーレステレビは、2021年にドン・キホーテで発売が開始されました。

テレビチューナーを搭載した同スペックの一般的なテレビと比較すると低価格であり、ネット動画配信サービスの視聴に特化しているため日ごと人気が高まっています。

チューナーレステレビって、どのくらい安いのかニャ?
タマ
タマ
rioyadon
rioyadon
50インチで4K対応でも、チューナーレステレビなら5万円以下で入手できるよ!

チューナーレステレビは24インチであれば約2万円で購入できます。「動画を大きな画面で見たい」「テレビの購入費用を抑えたい」チューナーレステレビは、そのような方にぴったりなコストパフォーマンスに優れたテレビです。

・チューナーレス 24インチ スマートテレビ

・Android TV チューナーレスTV 50V型 4K

チューナーレステレビ購入者の口コミ

 実際に24インチのチューナーレステレビを購入した方の口コミを紹介します。

チューナーレステレビは、地上波放送の視聴時間よりもネット動画の視聴時間が長い方におすすめ。電源はテレビ同様、一般家庭用100Vコンセントですので充電を気にせずに動画を楽しめます。さらに動画視聴用のアプリケーションも最初からインストール済み。設定が終わると、すぐに動画配信サービスを楽しめます。

チューナーレステレビをさらに詳しく

【テレビはチューナーレスでいい】動画配信を見るならコレ!【TV】ビックカメラ【ユーチュー部】

次の項目からは、チューナーレステレビの疑問を解消できる詳しい情報を解説します。疑問の解決のためにお役立てください。

チューナーレステレビとPCモニターの大きな違いはリモコンがあるかどうか

チューナレステレビには、一般的なテレビと同じように使えるリモコンが付属されています。例えば「YouTube」「Netflix」と記載されたボタンを押すだけで、動画配信サービスの利用が可能です。

もしかして、PCモニターとしても使えるのかニャ~?
タマ
タマ
rioyadon
rioyadon
使えなくはないけど、あくまでもテレビという点には注意が必要かも!

チューナーレステレビがPCモニターに劣る点は応答速度。文字入力や動画を視聴する程度であれば問題ない場合が多いです。しかし、オンラインゲームなどで対応力が求められる場合は、やや動きが鈍いと感じる可能性があります。

ポイント

チューナーレステレビは、PCモニターとして一応使える。ただし、チューナーレステレビの多くはリフレッシュレートが低いため、対応力が求められる作業だと遅さを感じる場合があります。

チューナーレステレビで地上波を見る3つの方法

チューナーレステレビでも、方法次第で一般テレビ放送の視聴が可能です。完全にテレビ放送が見られないわけではありませんが、メリット・デメリットに注意しましょう。

種類メリットデメリット
TVer(アプリ)無料で利用できる視聴中に広告が入る
外付TVチューナー一般的なテレビのように視聴できる外付TVチューナーが必要
STB(セットトップボックス)一般的なテレビのように視聴できるケーブルテレビ

ポイント

チューナーレステレビは方法次第でテレビ放送は見られるけど一長一短。

外付TVチューナー

 チューナーレステレビのメリットは?

【チューナーレステレビ おすすめ】テレビ1強時代の終焉なのか?シャチパンの家電比較

チューナーレステレビのメリットは、ネット動画配信サービスの視聴に特化した利便性です。

チューナーレステレビのメリット

  • 充電を気にせずに動画が楽しめる
  • 大画面で動画が楽しめる
  • アンテナ接続不要ですぐ使える
  • 一般的なテレビよりも購入費用が抑えられる
  • ゲームやDVDプレイヤーが利用できる
  • NHKと受信契約する義務がない

チューナーレステレビは、スマートフォンやタブレットよりもスムーズな動画視聴が可能です。充電を気にしなくても良いのと大きな画面で楽しめるのが魅力。

さらに、導入のハードルが低いこともメリット。コンセントに差してインターネットへ接続するだけで利用できます。

一般的なテレビよりも導入コストも安く、HDMI端子があるため「Switch」や「PS5」「DVD」も楽しめます。

チューナーレステレビのデメリットは?

NHK払わなくていいの?【TV】チューナーレステレビのメリットとデメリット まさとパパの家電チャンネル

チューナーレステレビのデメリット

  • 音質と画質が低いモデルが多い
  • NHKなど一般的なテレビ放送を見るには、TVチューナーなどの外付け機器が必要

現行のチューナーレステレビは、音質と画質性能が低いモデルが多いです。高画質・高音質に特化してるテレビと比較すると、映像やスピーカーの性能が低く感じられるかもしれません

しかし、通常の「見る」「聞く」は特に問題ありません。

チューナーレステレビの音質と画質の低さへの対処法は、2つ。

  • 音質のみならチューナーレステレビとスピーカーを併用する
  • 高音質・高画質を求めるなら音質・画質にこだわった4K対応のチューナーレステレビを購入する

チューナーレステレビで気軽に動画配信サービスを楽しもう

チューナーレステレビは、インターネットが普及している現代だからこそ登場したテレビ。インターネットへの接続を前提につくられた次世代型テレビといえます。

購入費用の安さや動画配信サービスの視聴に特化した利便性など、チューナーレステレビのメリットはさまざま。「一般のテレビ放送をほとんど見ない」「NHKに受信料を払いたくない」という方は、チューナーレステレビを購入して気軽に YouTube やインターネットの動画配信サービスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
rioyadon

rioyadon

「◆提携ライター」 rioyadonです。Webライターをやってます。音楽・オートバイ・お酒が趣味です。映画・読書なども好みます。ギターや鍵盤楽器を演奏しますが、最近はできてません。メタルドラマーの夫と二人暮らししてます。